« 2008年11月 | トップページ | 2009年1月 »

2008年12月

よいお年を!

Dsc_0558

大晦日。二年参りで暖をとるための焚き火。

私の中の年越しのイメージです。

いろいろあった1年で、後悔と反省が多かったのですが

でも、やっぱり振り返ってみると多くの素敵な人との出会いがあり、

感謝の気持ちで年を終えることができそうです。

ありがとうございました。

また、来年もよろしくお願いします。

では、みなさん、良いお年を!!

|

今年も残りわずか。

Photo_2

今年も残り10日ほどとなりました。

まぁ、10日後も11日後も同じように時間は流れていくんですが、

気持ちの問題として、やっぱり一つの区切りとなる時期ですね。

振り返ってみると、私の2008年は

なんだか埃にまみれていたように思います・・・sweat02

みなさんはどうだったのでしょうかcoldsweats01??

生きていく限り、「ただただ清らかに」とはいかないもんです。

でも、そうわかっていても、師走の冷たい空気の中、

清廉潔白な自分でありたいと願いたくなる気持ち、

誰かに伝わるでしょうか・・・?

|

幸降りました。

タイトルは変換ミス。

でも、この漢字に変換ミスしたmyPC、愛いヤツじゃのうheart01

Yuki

|

麦の穂。

「米」「稲」「ごはん」

この3つの言葉を聞いて、頭に思い浮かべるのは何ですか?

私だったら、「米」って言ったら、やっぱり米粒。

「稲」って言ったら、田んぼに生えている状態。

「ごはん」って言ったら、炊き上げた白米を思い浮かべます。

でも、英語には「rice」という言葉しかないそうです。

つまり、米粒もライスだし、田んぼに生えている稲を見てもライスだし、

御飯茶碗に盛られたごはんを見てもライス・・・

英語に疎い私は、「ライス=米」という感覚があるためか、

稲を見てもライスと言うのは、ちょっと不思議ですcatfacericeball

英語圏の人々は米が主食ではないため、

いちいち米の状態によって呼び方を変える必要がなかったんですね。

日本人は、ぜーんぶ「米」だと、

農作業をするのに不都合があったのかもしれません。

「言語の違いは背景に文化を持つ」というのも納得です。

ところで、私は大麦と小麦の区別も怪しいのですが、

あの穂の形は美しいなぁと思いますhappy01shine

先日、近くの町にイルミネーションを見に行きました。

そこで珍しいものを発見flair

スケルトンで白く輝く「麦の穂」ですshine

「はぞかけ」を模した形で展示されていました。

龍の形をした大掛かりなイルミネーションの

横にあったんですが(なぜその配置かは不明です・・・)、

思わず麦の方ばかりにカメラを向け続けちゃいましたcamerashine

Mugi2

|

社説すきー。

昔、「新聞」と言ったら、私の中ではテレビ欄を指しました。

テレビにも興味が薄くなったこのごろは、

「新聞」と言ったら、社説を指すようになりましたとさ。

社説。

おもしろいんだよね・・・。

何がおもしろいって、文章の書き方が最高におもしろいっshine

導入部分と結論部分では、

一見すると全然繋がらないようでいて、

実はうまぁく展開しているsign01

そんな社説を読んだ日は、朝からうきうきウホウホ。

新聞の一面を飾るだけあって、

社説を書いている記者さんはさすがですhappy02

・・・と言いながら、思いついたまま書いていくこの癖。

うーーーーん、もちょっとブログがんばろっかなcoldsweats01えへ。

|

羽ばたき。

Dsc_0510

短歌を・・・と思ったけれど、

「更新しなきゃ、またグリムスがっっ」と焦っているときは

なかなか言葉も出てこないものですねcoldsweats01

先月、蒲郡に行く用事があり、そこで撮った写真です。

餌(パン)をあげている人がいたんだけど、

ものっすごい沢山のカモメ(都鳥?と言ってた人もいたけど)が

すぐ目の前を飛んでいて・・・

かなり怖かったですsweat02

そして、彼らは賢かった。

私が餌をあげる振りをして手を振っても

海に浮かんだままピクリとも反応せず・・・

空手で振りをしている私のほうが

よっぽど阿呆でしたcoldsweats02

|

茜色。

生存者確認。

ユカ、生きてます~。

今週いっぱい多忙のため、とりあえず写真のみ更新。

グリムス、許しておくれ・・・

Dsc_0436

|

« 2008年11月 | トップページ | 2009年1月 »