happyfoolishlife.cocolog-nifty.com > 和の心(善光寺編)

2008年7月5日 善光寺周辺をぶらり旅。(長野市)

玄関先に涼のある店。

玄関先に涼のある店。

入り口に金魚さんがいました。
涼しげな雰囲気の玄関。
それだけで、すぅ~っと吸い込まれていきそうになります。


きんとと。

きんとと。

暑い季節になりました。
水中を優雅に泳ぐ金魚の朱が目に鮮やかです。


「ここ」ではない「どこか」へ。

「ここ」ではない「どこか」へ。

どこかへ連れて行ってくれそうな通り道。
不思議の国のアリスや、千と千尋の神隠しを思い出しました。
「ここ」ではない、「どこか」へ・・・。


ある旅籠。

ある旅籠。

静かな雰囲気が素敵な旅籠。
ここに宿泊したら、観光の時間を少し割いてもゆっくり過ごしてしまいそう。


寺院とワイン

寺院とワイン

それだけで素敵な雰囲気のサン・クゼールの店舗。
ここが、善光寺の目の前だからこそ、またおもしろい。


思いの結ばれた枝。

思いの結ばれた枝。

願わくば、全ての生命に幸福を。
おみくじを結んだ人たちの「幸せ」を願う気持ちが見られました。


紫陽花

紫陽花

梅雨の季節を告げ、初夏の到来も感じさせる紫陽花。
名もない花を愛でた白居易。
実際には日本で言う紫陽花とは異なる花だといいますが、
その名前の付け方にセンスを感じます。


七夕。

七夕。

七夕に二人で浴衣を着て、善光寺参りをする。
そんなお二人の関係が素敵です。


石畳

石畳

1712年に整備されたという石畳。
その美しさに、当時の人々が善光寺をどれほど大切に考え、
仏を敬ってきたのかが伝わるようです。


軌跡

軌跡

おみくじの数。それは、この地に訪れた人の数でもある。


願い。

願い。

あなたの願いはなんですか?